総合 総合 sougou

  • 印刷
桂あさ吉(米朝事務所提供)
拡大
桂あさ吉(米朝事務所提供)
桂吉弥(米朝事務所提供)
拡大
桂吉弥(米朝事務所提供)

 落語公演「桂吉朝一門会」が12月19日、ピッコロシアター(兵庫県尼崎市南塚口町)である。2005年に他界した吉朝の名を残すべく、弟子が翌06年より続ける会。筆頭弟子のあさ吉や、二番弟子で神戸大学出身の吉弥ら5人が、師から受け継いだ話芸を披露する。

 吉朝は上方落語の本格派として知られ、2001年から3年間、独演会を開催するなど、同シアターとゆかりがあった。17年には弟子らが「吉朝十三回忌」として、同シアターを含む全国4カ所で「一門会」を行い、芸の継承に努めてきた。

 ほかの出演者は、師匠と同様に芝居噺を得意とする三番弟子のよね吉、鉄道落語で知られる四番弟子のしん吉、吉弥の弟子の弥壱。演目は、浮気相手の家での忘れ物を巡る騒動「紙入れ」(あさ吉)、彫刻名人が登場する「ねずみ」(吉弥)など。

 午後2時開演。一般3千円、高校生以下1500円。同シアターTEL06・6426・1940

(金井恒幸)

阪神
総合の最新
もっと見る
 

天気(12月1日)

  • 12℃
  • 8℃
  • 50%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 80%

  • 12℃
  • 9℃
  • 70%

お知らせ