総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫労働局が入るビル=神戸市中央区東川崎町1
拡大
兵庫労働局が入るビル=神戸市中央区東川崎町1

 兵庫労働局は、働き方改革に向けて積極的に取り組んでいる「塩野義製薬」(大阪市中央区)と意見交換を行った。11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環。

 同社は10月から、賃金水準を維持したまま、所定の労働時間を7時間45分から7時間に短縮。また来年4月からは、社員が希望した場合に週休3日制を選べるようにし、副業も認めることで、スキルアップや自己研さん、多様な働き方を支援する。

 意見交換は、シオノギ教育研修センター(尼崎市)で実施。同労働局の鈴木一光局長ら、同社の役員や人事部長らが出席した。

 同社は働き方改革の現状について、新たな取り組みに社内からは戸惑う声も上がっていると報告。その上で、自己啓発のための費用を会社負担する制度などを紹介し、「これからの成果に期待している」とした。

 同労働局監督課の藤井茂課長は「働き方改革という言葉は浸透しているが、踏み出せない企業も多い。塩野義製薬を参考にしてもらいたい」と話した。(小谷千穂)

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ