総合 総合 sougou

  • 印刷
太陽の光が差して陰影ができ、立体的に見える雲海=21日早朝、黒井城跡
拡大
太陽の光が差して陰影ができ、立体的に見える雲海=21日早朝、黒井城跡
朝焼けに染まった空の下に現れた雲海=丹波市春日町黒井、黒井城跡
拡大
朝焼けに染まった空の下に現れた雲海=丹波市春日町黒井、黒井城跡
色づく山々を覆う雲海。雲が滝のように山を流れ落ちる「滝雲」も見られた=丹波市春日町黒井、黒井城跡
拡大
色づく山々を覆う雲海。雲が滝のように山を流れ落ちる「滝雲」も見られた=丹波市春日町黒井、黒井城跡

 息をのむ美しさ-。兵庫県丹波市春日町黒井の黒井城跡から望む雲海に、そんな言葉が自然と出てきた。

 11月下旬に入り、同市内の朝晩はぐっと冷え込むようになった。寒暖差によって生じる丹波霧が、周辺を包み込む。放射冷却とともに、湿度が高く、無風、またはそれに近いことが、雲海の発生条件とされる。

 黒井城跡は標高356メートルの猪ノ口山山頂にある。なだらかな登山道が整備され、登頂まで1時間足らず。日の出前には、市民や写真愛好家らが、絶景を見逃すまいと足しげく通う。

 広島市から訪れ、初めて雲海を見たという女子大学生(20)は「まさに別世界。感動しました」と話していた。

 黒井城跡の雲海は、12月上旬ごろまで条件が整えば観賞できる。(谷口夏乃)

丹波
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ