総合 総合 sougou

  • 印刷
車内の非常ボタンを押す参加者=30日午後0時18分、兵庫県太子町、網干総合車両所
拡大
車内の非常ボタンを押す参加者=30日午後0時18分、兵庫県太子町、網干総合車両所
車内のドアコックを操作する参加者=30日午後0時28分、兵庫県太子町、網干総合車両所
拡大
車内のドアコックを操作する参加者=30日午後0時28分、兵庫県太子町、網干総合車両所
ドアからの避難を体験する参加者=30日午後0時43分、兵庫県太子町、網干総合車両所
拡大
ドアからの避難を体験する参加者=30日午後0時43分、兵庫県太子町、網干総合車両所
列車のドアから線路への避難を体験する参加者=兵庫県太子町
拡大
列車のドアから線路への避難を体験する参加者=兵庫県太子町
列車事故を想定し、実際の車両を使って行われた救助訓練=30日午前、兵庫県太子町、網干総合車両所
拡大
列車事故を想定し、実際の車両を使って行われた救助訓練=30日午前、兵庫県太子町、網干総合車両所

 10月に東京の京王線であった乗客刺傷事件などを受け、JR西日本は30日、列車内での無差別テロへの対応を学ぶ社員向け講習を、兵庫県太子町の網干総合車両所で開いた。約120人が参加し、非常ボタンの扱い方や乗客の誘導方法などを確認した。

 列車内での防犯対策は鉄道各社で大きな課題となっており、今回は駅員ら車内対応に不慣れな社員も含め、幅広い部署を対象に行った。

 講習では近畿統括本部安全推進室の社員が「慌てない」「犯人を刺激しない」といった対応のポイントのほか、乗務員との通話機能を備えた非常ボタンや、非常用ドアコックの位置や操作方法を説明。乗客の誘導を念頭に、コックで開けたドアから線路に降りる手順も確かめた。

 国広正治神戸支社長は「車内へのカメラ設置と合わせ、社員が有事に適切に対応できるよう今後も訓練を進めたい」と話した。

 講習に先立ち、自動車と電車の衝突事故を想定した訓練もあり、警察や消防と連携して負傷者を救助する際の流れなども共有した。(山本 晃)

西播
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • 3℃
  • 30%

  • 3℃
  • 1℃
  • 90%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

  • 5℃
  • 1℃
  • 60%

お知らせ