総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は1日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が国内で初確認された飛行機の同乗者1人が、県内在住と明らかにした。帰国後のPCR検査は陰性で無症状という。県は国の方針に基づき濃厚接触者として取り扱い、入院や宿泊療養施設の利用に向けて本人と調整している。

 オミクロン株の感染が初確認されたのは、11月28日に成田空港に到着したアフリカ南部ナミビアの30代男性外交官。県内の同乗者については同30日夕、厚生労働省から県に情報提供があった。性別や年齢、居住地、滞在先の国名などの情報は公表していない。

 航空機内で陽性者が判明した場合、同じ列または前後2列に座った同乗者を「濃厚接触候補者」と区分される。この同乗者は他の列に座っていたが、政府はオミクロン株の感染者と同乗した人の全員を濃厚接触者とする方針を掲げている。

 県によると、県内在住の同乗者は滞在先でPCR検査を受けて陰性を確認して出国。帰国後の空港検疫でも陰性だった。成田空港から自家用車で兵庫県内の自宅に戻った後、外出を自粛し家族とも接触しない環境にあるという。

 県は同30日に同乗者と面会してPCR検査を行い、あらためて陰性を確認した。今後は国の方針に沿って2日ごとに検査し、12日まで健康観察を続ける。陽性となれば医療機関への入院手続きに移行する。

 斎藤元彦知事は「オミクロン株は未知の部分があるが、マスクの着用や手洗いの励行など基本的な感染対策が大事だ。県民には冷静な対応をお願いしたい」と話した。(金 旻革)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ