総合 総合 sougou

  • 印刷
王子動物園での年越しが決まった「タンタン」。治療に専念するため、現在は観覧が中止されている=11月22日、神戸市灘区王子町3(同園提供)
拡大
王子動物園での年越しが決まった「タンタン」。治療に専念するため、現在は観覧が中止されている=11月22日、神戸市灘区王子町3(同園提供)
食事後に眠る王子動物園の「タンタン」=11月28日、神戸市灘区王子町3(同園提供)
拡大
食事後に眠る王子動物園の「タンタン」=11月28日、神戸市灘区王子町3(同園提供)

 中国への帰国が決まっている神戸市立王子動物園(同市灘区)のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」(雌、26歳)が、今年も同園で年越しを迎えることが決まった。新型コロナ禍で返還協議が進んでいない上に、渡航前には約1カ月間の検疫期間を要するため。さらに新たな新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の出現で他国との往来制限も強化され、帰還時期はより不透明になった。

 タンタンは2000年7月、繁殖研究や阪神・淡路大震災で傷ついた市民を励ます目的で中国から貸与された。20年7月に返還期限を迎えたが、コロナ禍で帰還先への直行便が運航されず同園にとどまっている。

 さらに、日本政府はオミクロン株への警戒を強め、今年11月30日から全世界の外国人の入国を禁止しており、タンタンを四川省に帰す直行便の運航は見通せなくなった。

 タンタンは4月に心臓疾患が判明し、体調がよければ一般公開してきた。最近は一段と眠る時間が延び、11月22日からは検査や投薬の時間を確保するため、公開を中止。同園は「タンタンのペースで治療を続けたい」と理解を求めている。(初鹿野俊)

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月22日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ