総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 3日午前9時28分ごろ、和歌山県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は紀伊水道で、震源の深さは約18キロ、地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。この地震で津波の心配はない。

 兵庫県内では3日、南あわじ市で震度4、洲本、淡路、明石、赤穂市で震度3、神戸市などで震度2を記録。県内での震度4は2018年6月の大阪北部地震以来になる。

 南あわじ市は災害警戒本部を設置した。同日午前11時時点で目立った被害の情報はないが、今後、同規模の地震が起きる可能性もあるため、同市の喜田憲和危機管理部長は「防災メールや防災行政無線で市民への注意喚起を続ける」。淡路県民局も淡路島内の県道などの点検に追われた。

 県も県内で震度4以上の揺れを観測したことから災害対策連絡会議を設置。情報収集や状況把握を進め、対応を協議した。

総合の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ