総合 総合 sougou

  • 印刷
天元戦第4戦にむけて意気込みを語る一力遼天元=洲本市小路谷、ホテルニューアワジ(撮影・坂井萌香)
拡大
天元戦第4戦にむけて意気込みを語る一力遼天元=洲本市小路谷、ホテルニューアワジ(撮影・坂井萌香)
天元戦第4戦にむけて意気込みを語る挑戦者の関航太郎七段=洲本市小路谷、ホテルニューアワジ(撮影・坂井萌香)
拡大
天元戦第4戦にむけて意気込みを語る挑戦者の関航太郎七段=洲本市小路谷、ホテルニューアワジ(撮影・坂井萌香)

 囲碁の一力遼天元(24)に関航太郎七段(20)が挑戦している第47期天元戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第4局が6日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで打たれる。一力天元は1勝2敗で迎え、関七段は初の七大タイトル獲得まであと1勝と迫っている。両対局者は5日午後に現地に入り、第4局への意気込みを語った。

(小林伸哉、井原尚基)

【一力遼天元】

 -ホテルニューアワジは挑戦者だった昨年、2勝目を挙げ、天元初奪取に向けて弾みをつけた場所。

 食事と温泉、景色が素晴らしいところなので、とても印象に残っている。また、昨年勝った場所でもあるので、いいイメージで対局に臨めるかな、と思います。

 -今期の天元戦は、ここまで1勝2敗。これまでの3局をどう見ている。

 結果だけではなく、内容的にも少し、自分らしさを出せていない部分がある。本局はカド番ですが、結果を気にせず、自分を信じて打っていけばいいかなと思います。

 -関七段と3局戦っての印象は。

 大舞台でも憶せず、自分の手を打っているという印象がある。自分の感性にないような手を打たれたりもしたので、そのような点で、今までの3局は自分のペースに持ち込めなかったかと感じています。

 -第3局終了後のインタビューで「間隔が空くので切り替えたい」と語っていた。第4局に向けてどんな準備を?

 名人戦リーグをはじめ他の棋戦もありましたので、目の前の対局に集中してきました。

 -明日に向けての意気込みは。

 とにかく自分にできることを精いっぱいやるしかないと思うので、盤上に集中して、自分らしい碁を打てるように頑張りたい。

 【関航太郎七段】

 -11月28日に20歳になってから初の対局。感慨は。

 第3局と第4局の間だったので、この対局のことをずっと考えていました。

 -今回のシリーズは2勝1敗。3局を振り返って。

 第2局と第3局は、全体を通して、自分の力が発揮できたと思います。第2局に関しては、序盤の普段の勉強が生きたと思うんですが、中盤以降で勝ち急ぐ傾向があった。修正してきたので、第4局ではそのあたりを出したい。

 -一力天元の印象は。

 本シリーズが始まる前は、自分よりかなり上のところで活躍している棋士だったので、対局前は、自分がどれぐらい戦えるのか、ちょっと分からなかったところがあった。しかし第1局をいい内容で勝つことができ、自分の状態が良ければ、勝つことができるかな、と思っているので、けっこう自信を持って打っている。

 -天元奪取まであと1勝に迫っている。明日の対局に向けての意気込みを。

 これまでの3局とも、普段の対局以上に楽しんで打てています。この第4局はこれまで以上に注目していただけると思いますので、やはりいい囲碁を打ちたいというのはあります。

 -対局の舞台になる淡路島の印象は。

 淡路島を訪れるのは初めてですが、海がきれい。もともとすごく素晴らしい場所だと聞いていて、やはりきれいな場所だと思います。

天元戦
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ