総合 総合 sougou

  • 印刷
北条町駅の検修庫に到着したキハ40形=加西市北条町北条
拡大
北条町駅の検修庫に到着したキハ40形=加西市北条町北条
クレーン2台でつり上げ、線路に移されるキハ40形=12日午前0時半、加西市西横田町
拡大
クレーン2台でつり上げ、線路に移されるキハ40形=12日午前0時半、加西市西横田町

 旧国鉄時代に製造されたディーゼル車両「キハ40-535形」が12日未明、兵庫県の加西市と小野市を結ぶ北条鉄道に搬入された。JR東日本で使われていた車両で、白と青のカラーリングは希少といい、鉄道ファンらに人気という。未明の作業でクレーンを使って線路に乗せられた車両は、来年3月に予定する運行開始から当面、そのままの外観で走行する。

 同鉄道は昨年、朝夕の増便を始めた。現在3両の車両を保有しているが、通勤、通学時間帯などに2両編成で運行する際、上下線合わせて全車両を使用する。点検や故障時の対応のため、新たな車両の導入を決めた。

 この車両は秋田県や青森県を走る五能線で運行され、3月に引退していた。秋田県から福井県まで海路で運ばれた後、陸路で搬入された。今後、走行点検や運賃箱を設置するなどの改造、試験走行を経て3月13日にデビューする予定。車両をお披露目するイベントも計画されている。(小日向務)

北播
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ