総合 総合 sougou

  • 印刷
協定書を手にする(右から)ラジオ関西の桃田武司社長、パーソナリティーの三上公也さん、神戸市の森下貴浩福祉局長=同市役所
拡大
協定書を手にする(右から)ラジオ関西の桃田武司社長、パーソナリティーの三上公也さん、神戸市の森下貴浩福祉局長=同市役所

 神戸市とラジオ関西(神戸市中央区)は21日、高齢者の社会参加を促すため、事業連携協定を結んだ。なじみのあるラジオ番組やパーソナリティーの声を通して、市が手掛ける介護予防の取り組みを広報啓発する。

 新型コロナウイルス禍で外出機会や他者との交流が減り、高齢者の間では虚弱状態「フレイル」の進行が深刻化。そこで、ラジオで効果的な情報発信を探ることにした。また、同社が高齢者に社会参加への意識や頻度などを調べるアンケートを行い、番組でもリスナーに協力を呼び掛ける。調査結果は市と共有する。

 市役所での締結式で、同社の桃田武司社長は「(リスナーである)シニア層とのつながりを活用して、市のお役に立てれば」とあいさつ。森下貴浩・同市福祉局長は「市民への正確でタイムリーな情報提供は難しく、大変意義深い」と話した。(初鹿野俊)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 7℃
  • -3℃
  • 30%

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

お知らせ