総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市の男性職員の育児参加促進を目指すグループ「ファザーリングKOBE」のメンバーと家族=6月、神戸市内(堀恭平さん提供)
拡大
神戸市の男性職員の育児参加促進を目指すグループ「ファザーリングKOBE」のメンバーと家族=6月、神戸市内(堀恭平さん提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 育児に積極的な男性職員を増やそうと、神戸市役所内で有志によるグループが立ち上がった。子育てに有益な情報や悩みを共有。若手の育児休暇取得を後押ししつつ、庁内の理解促進を目指す。こうした試みは他自治体でも珍しいとみられ、メンバーは「ライフワークバランス(生活と仕事の両立)が進めば優秀な人材が役所に集まり、市民にも還元できる」と意気込む。(初鹿野俊)

 任意グループの「ファザーリングKOBE」。父親の子育て参加推進に取り組むNPO法人「ファザーリング・ジャパン関西」メンバーの神戸市水道局職員、堀恭平さん(41)を中心に3月発足した。

 育休中に減りがちな男性同士の交流や情報交換、育休取得を検討する若手職員への助言などを図ろうと、子を持つ男性職員計5人で始まり、現在は19人。うち4人は女性職員で、母親目線で男性の育児参画をアドバイスする。

 新型コロナウイルス禍の今夏に始まった活動は、不定期に昼休みに集う少人数のランチ会や、月1回金曜夜に行うオンラインでのおしゃべり会。育休取得時のいきさつから、お薦めの絵本、お出掛け情報までたわいもない内容も話す。いずれは専門家を招いた勉強会開催も視野に入れる。

 市が育休中の職員を対象に開く研修会でグループをPRするなど、市役所の担当部局とも連携。堀さんは「育休取得者とつながることで不安が和らぐ」と語る。

 市人事課によると、男性職員の育休取得率は22・26%(2020年度)。5年前から10倍に高まったが、グループのメンバーで育休経験者の浅井泰(ゆたか)さん(34)=行財政局=は「充実した制度があり、取得希望者も多いが、職場に遠慮して取れない人もいる」と話す。

 一部で理解のない管理職がいるといい、堀さんは「(部内の仕事が回らなくなるのではと)不安な上司もいるはず。育休取得者が増えれば、選ばれる職場になり、職員の士気も上がり、市役所にもメリットがあると伝えたい」とする。

 実際に育児中でない職員や管理職のメンバー入りも歓迎。「世の中が変わるには、まずは役所から」と訴え、市内企業などへの波及を目指す。

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ