総合 総合 sougou

  • 印刷
「真の意味で成功も失敗もない。そういうことが伝われば最高」と話す近藤芳正=西宮市高松町
拡大
「真の意味で成功も失敗もない。そういうことが伝われば最高」と話す近藤芳正=西宮市高松町

 「人がやってないことをやるのが無性に好き」という俳優の近藤芳正。新作の舞台「ナイフ」は、3役を演じ分ける一人芝居だ。衣装替えなしで瞬時に父母や息子に入れ替わるのは「無謀な挑戦かもしれない」と笑いつつ、「あがくことで計算できない何かが生まれるんじゃないか」と可能性を追い求める。

 原作は重松清の坪田譲治文学賞受賞作。おとなしく目立たない父親は、中学生の息子がいじめに遭っていることを知る。母親の心配をよそに、そっとしておこうとするが、帰宅途中にいじめの現場を目撃。激情に駆られ、露店で買った小さなナイフをポケットの中で握りしめる-。

 近藤が愛読する重松作品の一つ。「3人とも器用に生きていける人ではない。大事なのは一歩踏み出す勇気。その前と後では見える風景が違う」と話し、60歳を迎えての自身のチャレンジに重ねる。

 コロナ禍では「創ったものを見せられないのは耐えがたい」と、舞台から距離を置く気になった。配信もやってみたが、劇場での交流もなく、感想を聞くのはネット上で。「本当にやったのか手応えがない」と感じた。それだけに一昨年の中止を経て再び挑む、この企画への思いは深い。

 「お客さんは大体、こちらの意図と違うところを面白がったり、感動したりする。そういう『小さな誤解』がうまくいけば。僕は一生懸命やるだけです」

 昨年の結婚を機に京都へ移住。「地元に芝居を根付かせることをした方がいいのか、ゆるりゆるりと考えていて。新たなやりたいことが出てくるんじゃないかな」。関西演劇界をぜひ、盛り上げてほしい。

 兵庫公演は2月11日午後2時、西宮市の県立芸術文化センター。一般4千円、高校生以下2千円。同センターTEL0798・68・0255

(田中真治)

阪神文化
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ