総合 総合 sougou

  • 印刷
山陰近畿自動車道の早期全線開通に向けた決起大会の出席者=兵庫県庁
拡大
山陰近畿自動車道の早期全線開通に向けた決起大会の出席者=兵庫県庁

 兵庫、鳥取県と京都府の日本海側を東西に結ぶ「山陰近畿自動車道」の全線開通を目指す決起大会が19日、オンラインで開かれ、3府県の知事や首長、選出国会議員らが整備の必要性を訴えた。

 鳥取市と京都府宮津市をつなぐ同道路は、全長約120キロのうち開通済みは44キロにとどまる。兵庫県の区間は最も長い約51キロあり、23・2キロが開通している。

 兵庫県の斎藤元彦知事は「地方回帰の流れや交流人口拡大、雇用をつくるためにもミッシングリンク(未整備区間)の解消が必要」と主張。工事に高度な技術を要する豊岡北インターチェンジと城崎温泉間については、兵庫県に代わり国による事業の実施を求めた。

 関貫久仁郎豊岡市長も「命、交流、危機管理の道として但馬地域の安心安全、地域活性化に大きな力を発揮すると期待している」と地元の思いを伝えた。(大島光貴)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ