総合 総合 sougou

  • 印刷
氷棚に分厚くできた氷を切り出す職員ら=20日午前、神戸市灘区六甲山町
拡大
氷棚に分厚くできた氷を切り出す職員ら=20日午前、神戸市灘区六甲山町
氷棚に分厚くできた氷を切り出す職員ら=20日午前、神戸市灘区六甲山町
拡大
氷棚に分厚くできた氷を切り出す職員ら=20日午前、神戸市灘区六甲山町

 暦の上で最も寒い頃とされる「大寒」の20日、神戸市灘区六甲山町の六甲ガーデンテラス・自然体感展望台「六甲枝垂れ」で、天然の氷の切り出し作業があった。

 標高888メートルに位置する同展望台の冬の風物詩。午前10時の気温は氷点下3度で、氷の厚さは13センチになっていた。

 雪のちらつく中、防寒着姿の職員らがチェーンソーで切り出した。氷室に貯蔵された氷は夏まで保管され、外の風を取り込んで展望台内部を約20度に保ち、来館者に涼を楽しんでもらうという。(長嶺麻子)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ