総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸山口組関係者が姿を現さなかった意見聴取会場=神戸市中央区下山手通5
拡大
神戸山口組関係者が姿を現さなかった意見聴取会場=神戸市中央区下山手通5

 特定抗争指定暴力団「神戸山口組」(神戸市中央区)の暴力団対策法に基づく指定が今年4月に期限を迎えるため、兵庫県公安委員会は20日、再指定に向けた手続きとして同組から意見を聴く機会を設けた。同組側は欠席したが、同法の規定で更新手続きはそのまま進められる。

 指定効力は3年間。神戸山口組は2016年に「指定暴力団」に指定され、4月に2回目の期限が切れる。指定により県公安委が不当要求の中止命令などを出せるほか、より規制が厳しい「特定抗争指定暴力団」にも指定できる。県公安委は、県警が事件捜査で集めた資料などを基に3回目の指定準備を進める方針。

 県警によると、同組は18年12月時点で全国に約1700人の構成員がいたが、傘下組織の離脱が相次いだことなどから3分の1の約550人(21年12月時点)に減少している。

【記事特集リンク】山口組分裂騒動

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ