総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
潜り船に引き上げられたノリ網=神戸市須磨区沖
拡大
潜り船に引き上げられたノリ網=神戸市須磨区沖
船の内部から見た摘み取り作業。黒々と育ったノリが日に輝く=神戸市須磨区沖
拡大
船の内部から見た摘み取り作業。黒々と育ったノリが日に輝く=神戸市須磨区沖
養殖のりが摘み取り最盛期を迎えている。のり網を海中から起こす「潜り船」が、黒々とした衣装をまとったような姿をみせている=神戸市須磨区沖
拡大
養殖のりが摘み取り最盛期を迎えている。のり網を海中から起こす「潜り船」が、黒々とした衣装をまとったような姿をみせている=神戸市須磨区沖
養殖のりの摘み取りが最盛期を迎え、次々と加工されていく「兵庫のり」=神戸市須磨区須磨浦通6、すまうら水産有限責任事業組合
拡大
養殖のりの摘み取りが最盛期を迎え、次々と加工されていく「兵庫のり」=神戸市須磨区須磨浦通6、すまうら水産有限責任事業組合

 兵庫県内の養殖ノリが収穫の最盛期を迎えている。「潜り船」と呼ばれる専用の船が海上に網を引き上げて、黒々と育ったノリを次々と摘み取っている。

 兵庫県は播磨灘から大阪湾の垂水、須磨沖で養殖が盛ん。2020年度の生産量は全国3位を誇る。

 神戸市須磨区沖にノリ棚をもうける「すまうら水産」(同区須磨浦通6)は、昨年12月に摘み取りを始めた。1月に入ってからは水温が12度前後と適温になり、育成が進んだという。乾燥作業を経て3月末ごろまでに約3千万枚の生産を見込む。

 近年は温暖化や海の栄養不足、チヌによる食害などに悩む生産者が多いが、同社の森本明さん(58)は「今年は色づきがよく、いいノリが上がった」と話した。(鈴木雅之)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ