総合 総合 sougou

  • 印刷
公式戦1300勝を達成した結城聡九段=20日午後、関西棋院
拡大
公式戦1300勝を達成した結城聡九段=20日午後、関西棋院

 囲碁の結城聡九段(49)=神戸市西区=が20日、関西棋院(大阪市中央区)で打たれた第78期本因坊戦予選で三根康弘四段(34)に不戦勝し、史上5人目の通算1300勝(575敗2持碁=引き分け)を達成した。49歳11カ月、プロ入り37年10カ月での達成で、趙治勲名誉名人(65)が持つ51歳11カ月、プロ入り40年2カ月の記録を更新して最年少、最速となった。

 結城九段は神戸市須磨区出身で関西棋院に所属。1984年、12歳でプロ入りし、天元1期、十段1期やNHK杯優勝5回などの実績がある。三根四段の体調不良による不戦勝で史上5人目の1300勝を挙げ、達成時の勝率(6割9分3厘)も歴代1位となった。

 国内の囲碁棋士は日本棋院と関西棋院のいずれかに所属し、各団体の棋士が出場できる棋戦は一部異なる。関西棋院所属棋士の1300勝は初めてで、現在の通算勝利数は趙名誉名人の1567勝が最多だ。

 結城九段は「どうやって1300勝を積み重ねてきたのか、自分でも不思議。若い頃と比べ、心技体のいずれも厳しくなってきたが、どの棋戦も頂上を目指す気持ちを忘れずに打ち続けたい」と語った。(井原尚基)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 18℃
  • 0%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ