総合 総合 sougou

  • 印刷
榎倉香邨氏(2021年3月撮影)
榎倉香邨氏(2021年3月撮影)

 独創的なかな書道で知られ、兵庫県書作家協会顧問で「書道香瓔会」(同県加東市)会長の書家、榎倉香邨(えのくら・こうそん、本名弘=ひろむ)氏が21日午前7時2分、肺炎のため、加東市の病院で死去した。98歳。同県西脇市出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は親族のみで執り行う。喪主は長女星和代(ほし・かずよ)さん。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

おくやみ
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ