総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は2022年度、病気や障害がある家族を若くして世話をする「ヤングケアラー」への支援を強化する。具体的な支援につなぐ専門の相談窓口を開設するほか、実態の把握や地域でのサポートを充実。学業や仕事、日常生活での悩みに寄り添い、孤立を防ぐ体制づくりを目指す。

 18歳未満を「ヤングケアラー」、18歳からおおむね30代前半までは「若者ケアラー」とされる。国は昨年4月、中高校生の約20人に1人が「世話をする家族がいる」とする初の調査結果を公表。対象となる若者の早期発見や支援を進める方針を示している。

 こうした問題を受け、県は昨年9月、学識者や福祉関係者らでつくる委員会を設置し、支援の在り方や推進方法について検討。22年度、電話やメールなどで、ケアラーから相談を受ける専門の窓口を設けることにした。

 加えて、介護する家族の不安や悩みに対応する地域包括支援センターの機能強化に向け、職員の資質向上を図る研修などを充実させる。ヤングケアラーを支援するNPO法人などには補助金を支給し、財政面で運営を支える方針。

 県はこれらの経費として2千万円を22年度予算案に盛り込む。担当者は「どこに相談すればいいか分からない子どもたちの受け皿になり、支援につなげたい」と話している。

 神戸市では19年10月、20代女性が1人で介護していた祖母を殺害する事件が発生。頼れる相手がなく、孤立を深めた背景が明らかとなり、同市は昨年6月、全国に先駆けて専用の相談窓口を開設した。(金 旻革)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ