総合 総合 sougou

  • 印刷
オミクロン株の影響が広がる中、感染対策に追われる保育士=25日午後、神戸市内(撮影・秋山亮太)
拡大
オミクロン株の影響が広がる中、感染対策に追われる保育士=25日午後、神戸市内(撮影・秋山亮太)

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染急拡大が兵庫県の保育現場を直撃している。園児や保育士が陽性になったり濃厚接触者になったりし、休園や自宅待機が頻発。幼い子どもを一人にできず、出勤できない保護者が増えるなど影響は広がっている。(中島摩子、石沢菜々子、貝原加奈)

 「次から次に陽性者が出て、混乱している」と同県尼崎市の担当者。同市では24日時点で19園が全面休園といい、「5人以上が感染したり、保育士が陽性や濃厚接触者になって体制が整わなかったりし、閉めざるを得なくなった」と話す。

 西宮市でも25日時点で、私立保育所や認定こども園などの約1割に当たる13園が全面休園し、影響を受ける在籍園児は約870人に上る。ほかに、休園しないが陽性者と接触した園児は自宅で10日間の健康観察といった園もあり、同市は「自宅待機の園児数はもっと多い」とする。

 西宮市では24日まで、「陽性者が1人出れば調査のため全面休園」などとしていたが、感染拡大により方針を転換。陽性者や接触者以外は登園を可能とした。ただ25日も陽性の報告は相次いだ。

 神戸市でも、1月初めからこれまでに園児や職員に陽性が分かった保育所や幼稚園などは計165園に上り、全体の約2割を占める。陽性者が出たクラスの園児には、PCR検査や自宅待機を求めている。

     □

 保育園については、大阪市の松井一郎市長が「自宅で育てられる環境にある方は当面、通園をお控え願いたい」と表明。しかし兵庫県では「保育所が止まると社会が止まる。今は一律に登園自粛を要請する段階ではない」(姫路市)などと自粛を求めない反応が目立つ。

 明石市も全体への要請は予定していないが、個別に自粛をお願いする園は出てきた。同市内では園児5人が感染し、複数職員が風邪症状で出勤できない園があり、25日から2日間、「自宅保育が可能な家庭」に登園自粛を求めた。

 そうした中、阪神間などでベビーシッター派遣業務を手掛ける「マザーネット」(大阪市)には先週から問い合わせが殺到している。「保護者にとっては死活問題。なんとか対応したい」と上田理恵子社長。濃厚接触者でないと判断できれば、シッターを派遣しているが「感染リスクを考え、対応できないケースも出てきている」といい、頭を悩ませながらの対応が続く。

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

阪神新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ