総合 総合 sougou

  • 印刷
まん延防止等重点措置の期間が始まった神戸市内の通勤風景。マスク姿の人たちが仕事場へ向かった=27日午前、神戸市中央区(撮影・秋山亮太)
拡大
まん延防止等重点措置の期間が始まった神戸市内の通勤風景。マスク姿の人たちが仕事場へ向かった=27日午前、神戸市中央区(撮影・秋山亮太)

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」の期間が27日、兵庫県内で始まった。過去最多の感染者が連日確認され、自宅療養者も1万5千人を超える中、飲食店の営業時間短縮などの要請で、オミクロン株による爆発的な感染拡大を抑え込むことができるかが焦点となる。期間は2月20日まで。

 措置は県内全域が対象。十分な感染対策を講じた認証店は酒類提供の有無を選択制とし、酒類を出す場合の営業時間は午前5時~午後9時(酒類提供は午前11時~午後8時半)。酒類を提供しない場合の営業は午後8時までとし、協力金を手厚くする。飲食店以外の商業施設や遊戯施設などには時短営業を求めない。

 企業に対しては、在宅勤務(テレワーク)の活用や休暇取得の促進による出勤者数の削減、時差出勤の推進などを要請。一方で、生活や経済の安定のために不可欠な業務は継続するよう求めている。

 県民にも基本的な感染対策の徹底に加え、不要不急の都道府県間の移動を極力控えることや、路上や公園での飲酒など感染リスクが高い行動の自粛を呼び掛ける。

 県は「まん延防止等重点措置コールセンター」を設置している。コールセンターTEL078・362・9921(平日午前9時~午後5時。29、30日は開設)

(高田康夫)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ