総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=神戸市内(資料写真)
拡大
新型コロナウイルスのワクチン接種=神戸市内(資料写真)

 兵庫県は2日、姫路市と西宮市に開設した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、6日から予約枠に空きがあれば午後に限り、電話での当日予約を受け付けると発表した。当日予約ができるのは毎週日曜から木曜まで(祝日の前日は除く)の午後2時半~5時の接種で、コールセンターでのみ受け付ける。

 現在は、高齢者らの3回目接種が中心。今後の現役世代の接種も見込んで始める。デジタル庁がまとめたワクチン接種記録システム(VRS)のデータによると、1日時点で、兵庫県の3回目接種率は高齢者人口の52・91%、全人口の20・76%で、いずれも全国平均をやや下回っている。

 県によると、県の大規模接種の予約率は2月5~17日と18~28日を比べると、姫路会場は約20%から約70%へ急増。西宮会場も約10ポイント増の50%超となった。21日から接種券なしでも受けられるようになった影響があるとみられる。3月1~6日は姫路が85・3%、西宮が49・5%となっている。

 当日予約は午前9時~午後3時、コールセンター(TEL0570・033・185)への電話だけで受け付ける。(井川朋宏)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナワクチン阪神姫路
総合の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 38℃
  • ---℃
  • 0%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ