総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 独自のプログラムで制作したアプリやロボットなどの出来栄えを競う、全国新聞社事業協議会主催の「2021年度全国選抜小学生プログラミング大会」の全国大会が6日、オンラインで開かれ、グランプリに鹿児島県代表の鹿児島大付属小5年小田原叶和さんが選ばれた。

 小田原さんは、鹿児島県の伝統工芸品である大島紬(つむぎ)の魅力を広めようと、歴史や工程を紹介するアプリを制作した。織機を動かして独特の柄を織り上げたり、いろいろな柄の着物と帯を組み合わせて着せかえを楽しんだりする機能を搭載した。

 兵庫県からは、姫路市立四郷学院6年の赤藤未吹芽(しゃくとうみすか)さん(12)が出場。宇宙人と持続可能な開発目標(SDGs)に取り組むゲームを発表し、「みんなのみらい賞」に選ばれた。

 大会には牧島かれんデジタル相と、天才プログラマーとして知られる台湾の唐鳳(オードリー・タン)政務委員(IT担当)が動画でメッセージを寄せた。

 大会のテーマは「みんなのみらい」。全国から927組の応募があり、地方大会を勝ち抜いた37組が出場した。

 結果は大会ホームページに記載されている。アドレスはhttps://zsjk.jp/

姫路教育
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ