総合 総合 sougou

  • 印刷
大空に飛び立つ気球=2021年12月、加西市内
拡大
大空に飛び立つ気球=2021年12月、加西市内

 兵庫県加西市は、ふるさと納税の返礼品に、気球で自由に飛行するフリーフライト体験を新たに加えた。地上150メートル以上まで上昇し、約45分間の「空の散歩」を楽しむ。寄付額は大人2人の搭乗で20万円。

 同市は2016年に「気球の飛ぶまち加西」条例を制定し、登録制度を設けて気球飛行を支援。市内外のパイロット53人が登録し、週末を中心に同市上空を飛んでいる。

 フライト体験は農閑期の11月~5月上旬、旧姫路海軍航空隊滑走路の鶉野飛行場跡(同市鶉野町)などから早朝に飛び立つ。フライト時間45分のほか、準備などを含めて所要時間は2時間半~3時間。熱気球事業を手掛ける気球屋(三重県)が担当する。

 同市によると、ふるさと納税の返礼品でフリーフライト体験を提供するのは、西日本初。ロープで固定する係留フライト体験は豊岡市が取り入れている。

 寄付額は、大人3人の場合は30万円。5人の貸し切りで47万円。申し込みは楽天ふるさと納税サイトなどから。同市きてみて住んで課TEL0790・42・8764(敏蔭潤子)

北播
総合の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ