総合 総合 sougou

  • 印刷
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)
拡大
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)
拡大
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)
拡大
五色塚古墳を訪れた「HOWL BE QUIET」の竹縄航太さん=神戸市垂水区五色山4(※無断転載、二次利用を禁じます)

 神戸市垂水区にある「五色塚古墳」のアニメMVプロジェクトで、楽曲を作詞作曲したピアノ・ロック・バンド「HOWL BE QUIET」のボーカル竹縄航太さん(30)が3月末、初めて現地を訪れた。全長194メートルのスケールを体感し、「この圧倒される感じをお客さんに伝えたい」と意気込んだ。

 神戸市の担当者から遺跡の説明を受けながら「神聖な場所って肌で感じますね」と語った。明石海峡を望む景観には、思わずスマートフォンで写真撮影。「海、やばかったですね。久々に『ど広い』海を見たなあ」と喜び、文化財として保全されてきた歴史に感銘を受け、山側に住宅街が広がる風景にも驚いていた。

 アニメと楽曲は「目に見えない遠くの人とつながる」のが重要なテーマだ。古墳で「4世紀に造られたお墓があって、21世紀を生きる自分が同じ地にいるのは、すごくすてきで特別なこと。当たり前のようで当たり前ではない」と感じた。

 時間を超えて「何か残したいものがあるから残している。過去から受け取れるものがある。古墳を訪れて心が動かされた」。

 コロナ禍での2年余りは多くの人にとって「やりたいことをやれなかった、会いたい人に会えなかった」時間だったと振り返る。「でも、気持ちは消えない。薄れない。そんな思いを込めた。素直な気持ちで書けた曲です」という。

 「遺跡で感じた力をライブでお客さんにぶつけたい。壮大な力が生まれる曲に育ったらいいな」。神奈川県藤沢市出身。神戸には好印象を抱いてきた。「地元でなじみのある曲になってくれたら、ミュージシャン冥利に尽きますね。多くの方に届いてほしいです」と笑顔を見せた。(小林伸哉)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 37℃
  • 22℃
  • 20%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ