総合 総合 sougou

  • 印刷
段ボール製の半球形ドームに星空や春の光景が浮かび上がる=バンドー神戸青少年科学館
拡大
段ボール製の半球形ドームに星空や春の光景が浮かび上がる=バンドー神戸青少年科学館
段ボール製の半球形ドームに星空や春の光景が浮かび上がる=バンドー神戸青少年科学館
拡大
段ボール製の半球形ドームに星空や春の光景が浮かび上がる=バンドー神戸青少年科学館

 プラネタリウム投映機のリニューアルを前に、バンドー神戸青少年科学館(神戸市中央区港島中町7)は、段ボール製の半球形のドームを使った星空の解説プログラムを開いている。

 同館では、18年間活躍した2代目の投映機が今年2月に引退。7月に新型機の導入を予定しており、現在はプラネタリウムを閉鎖している。入れ替えまでの間、春の企画として直径約3メートルの半球ドームに映像を投映し、星空の解説を実施することにした。

 参加者は座席ではなく、あおむけに寝転んでドームを眺める。定員は15人で、こぢんまりしているが、ひと味違った空を楽しめる。

 23、24日と29日~5月8日の午前10時半から5回上映。各回とも当日受け付け。展示室の入館料が必要。同館TEL078・302・5177

(長嶺麻子)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ