総合 総合 sougou

  • 印刷
観光船「KAZU 1」(知床遊覧船のホームページから)
拡大
観光船「KAZU 1」(知床遊覧船のホームページから)

 北海道・知床沖の観光船事故で亡くなった兵庫県小野市の男性(66)と女性の夫婦は、長男が営む養蜂業を手伝っていた。家族ぐるみで提供する蜂蜜は品質が良いと評判で、小野市がふるさと納税の返礼品に選ぶほどだった。

 知人らによると、男性が同市内のメーカーを定年退職した後、養蜂業に携わった。蜂蜜は贈答品やお土産として人気で、女性は商品を市役所などに搬入していた。市職員の男性(48)は「いつも明るく朗らかな声で『持ってきました!』とにこにこしていた」と振り返る。

 イベントでも蜂蜜を出品し、2人は愛想よく接していたという。夫婦の自宅近くに住む女性(58)はフリーマーケットで女性と出会い、「家にも(蜂蜜が)あるから、またおいでねと言ってくれたのに。それっきりになった」と肩を落とした。

 親戚の男性(66)は、夫婦が北海道へ出発する直前、自宅近くの田んぼで世間話をした。「夫婦仲も良くて、これから2人でいろいろなことを楽しもうとしていたところだったのに」と無念さをにじませた。男性が育った兵庫県多可町の集落に住む高齢の男性も「おっとりした、具合のええ子やった」と話した。(杉山雅崇、岩崎昂志、小野萌海)

北播
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ