総合 総合 sougou

  • 印刷
潮が引いた干潟でアサリなどを探す親子連れ=たつの市御津町黒崎
拡大
潮が引いた干潟でアサリなどを探す親子連れ=たつの市御津町黒崎
例年に比べ人出は少ない干潟で貝を探す親子連れら=2日午後、たつの市御津町
拡大
例年に比べ人出は少ない干潟で貝を探す親子連れら=2日午後、たつの市御津町

 兵庫県たつの市御津町黒崎の新舞子浜は2日、潮干狩りを楽しむ家族連れらでにぎわった。3年ぶりに大型連休期間の潮干狩りを再開。新型コロナウイルス禍前の人出には及ばないものの、遠浅の浜辺には初夏の日差しが降り注ぎ、打ち寄せる波の音とマスク越しの歓声が響いた。

 シーズン真っ盛りの連休中は1日3千人以上が訪れるが、昨年、一昨年は緊急事態宣言下で、運営する御津町新舞子観光協同組合は開催を断念。今年も連休初日の4月29日は雨で予約キャンセルが出るなど苦難は続くが、検温やマスク着用などの感染防止対策を徹底し、6月26日まで入場客を受け入れる。

 同組合の田淵あずさ理事は「お客さんの数はいつもよりかなり少ないけれど、その分ゆっくり楽しんでもらえていると感じる。のんびりと、潮の香りと砂浜での開放感を楽しんでほしい」と話した。(大山伸一郎)

西播
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ