総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
事故についての思いを語る犠牲夫婦の長男=2日午後、兵庫県内(代表撮影)
拡大
事故についての思いを語る犠牲夫婦の長男=2日午後、兵庫県内(代表撮影)

 北海道・知床沖の観光船沈没事故で亡くなった兵庫県小野市の男性(66)と女性の夫婦の30代の長男が2日、報道陣の取材に応じた。東京都北区在住で弟(33)を含め、家族3人を失い、長男は「今はショックで何も言えない。こんなことになって悔しい」と語った。(杉山雅崇)

 両親と弟が事故に巻き込まれたことを知ったのは、4月24日午前1時ごろ。北海道警から電話があった。その後、国土交通省の家族支援対策室などと連絡を取り、現地に入った。一報を受けてから3~4日間、何も食べられず、寝ることもできなかった。

 知床遊覧船の桂田精一社長による説明会にも出席した。反省した様子が伝わってこなかった。桂田社長に対し「事実を事実と受け止め切れていない」と怒りをあらわにし、説明会の途中で笑いを見せた社長に、思わず「笑うな」と叫んだ。

 ほかの遺族からの質問に桂田社長は十分な返答ができず、「海のことを知らないんだな」と感じた。「なぜ自分の家族がひどい目に遭っているのに、こんな対応なのか」。会見中、涙が途切れることはなかった。

 長男は行政側のチェック体制にも疑問を呈し、「車の免許は数年で更新するし、車検もある。遊覧船にはそこまで厳しい体制があったか」と指摘した。

 長男は知床を離れる直前、冷たい海で事故に巻き込まれた家族3人の気持ちを知るため、近くの砂浜に出掛けた。足を水面につけると、あまりの冷たさに「痛い」と感じた。上半身に海水を浴びるつもりだったが、断念した。家族の苦しみは想像を絶するものだった。

北播
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ