総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種=神戸市中央区港島南町2、市立医療センター中央市民病院(資料写真)
拡大
新型コロナウイルスのワクチン接種=神戸市中央区港島南町2、市立医療センター中央市民病院(資料写真)

 兵庫県は11日、米ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を6月1日から開始すると発表した。アレルギーの問題で米ファイザー製やモデルナ製を打てず、英アストラゼネカ製ワクチンを接種した人の3回目接種を主に想定している。

 ノババックス製は国内4種類目の新型コロナワクチンとして、国が4月19日に承認した。兵庫県は接種開始に向け、まずは980回分を確保した。

 接種は神戸市内の医療機関(非公表)と、県が姫路市西延末の旧姫路市文化センターに設置している大規模接種会場の2カ所で実施する。当面は週100回程度の接種を予定し、配給量が増えるのに伴って接種回数を増やす。

 アストラゼネカ製は県内で約600人が接種したが、3回目接種は薬事承認されていない。ノババックス製はワクチンでアレルギー症状が出た人への接種が推奨されている。

 予約受け付けは県ワクチン対策課内に設置するコールセンター(TEL078・361・1768)が窓口で、予約開始日は後日公表する。(金 旻革)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナ新型コロナワクチン
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ