総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
ひな(右)に餌を与えるコゲラ=11日午前、神戸市須磨区、奥須磨公園
拡大
ひな(右)に餌を与えるコゲラ=11日午前、神戸市須磨区、奥須磨公園
巣穴から顔をのぞかせるコゲラの幼鳥=神戸市須磨区、奥須磨公園
拡大
巣穴から顔をのぞかせるコゲラの幼鳥=神戸市須磨区、奥須磨公園
巣穴から顔をのぞかせるコゲラのひな=神戸市須磨区、奥須磨公園(撮影・鈴木雅之)
拡大
巣穴から顔をのぞかせるコゲラのひな=神戸市須磨区、奥須磨公園(撮影・鈴木雅之)
親鳥から餌をねだるコゲラのひな=神戸市須磨区、奥須磨公園(撮影・鈴木雅之)
拡大
親鳥から餌をねだるコゲラのひな=神戸市須磨区、奥須磨公園(撮影・鈴木雅之)

 キツツキの仲間で知られるコゲラが、神戸市須磨区の奥須磨公園で子育てにいそしんでいる。巣立ちも間近とみられ、木立の中で親子の愛が垣間見える。10~16日は「愛鳥週間」。

 コゲラは、年間を通じて各地の平地や山でみられる「留鳥」。日本で一番小さいキツツキで、枯れ木に深さ15センチほどの穴を掘って繁殖する。

 親鳥はイモムシを口にして巣に戻り、ひなは巣穴から顔をのぞかせて盛んに食べる。巣立ち前は栄養が最も必要な時期で、親鳥は何度も何度も餌をくわえてはひなに与えていた。(鈴木雅之)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ