総合 総合 sougou

  • 印刷
雨の街を行き交う人々=12日午後、神戸市中央区布引町4(撮影・吉田敦史)
拡大
雨の街を行き交う人々=12日午後、神戸市中央区布引町4(撮影・吉田敦史)

 梅雨前線による低気圧の影響で、兵庫県内で13~14日にかけ、大雨が予想されている。13日午後6時から14日午後6時までの24時間降水量は、県南部の多い所で150ミリに達する見込みで、神戸地方気象台が警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、いずれも多い所で、13日は1時間降水量が県南部で30ミリ、北部で20ミリ。14日午後6時までの24時間降水量は北部50~100ミリ、南部100~150ミリと見込む。前線の活動が予想より活発になった場合、13~14日にかけて警報級の大雨となる可能性もあるという。

 同気象台は「低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意を」と呼び掛けている。(上田勇紀)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ