総合 総合 sougou

  • 印刷
記者会見に臨む、過労死した男性社員の妻=神戸市中央区
拡大
記者会見に臨む、過労死した男性社員の妻=神戸市中央区

 川崎重工業(神戸市中央区)から中国の関連会社に出向していた男性社員=当時(35)=が自殺したのは過重労働や海外でのストレスがあったためとして、神戸市内に住む妻と娘2人の計3人が12日、川重に約1億円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴した。

 男性は川重に在籍したまま、2013年4月に中国の現地企業との合弁会社に出向。うつ病の症状が見られた後、同年7月に単身赴任先のマンションから飛び降りて死亡した。16年に労災に認定された。

 訴状によると、エンジニアとしての担当業務や担当外のトラブル対応で仕事は急増し、負担が過重になっていた。部署には日本人の同僚がおらず、男性は中国語がほぼ話せないため部下との意思疎通に苦心していたという。

 遺族側は、川重の上司が業務を指示する立場にあり、窮状を把握していたが対応しなかったと主張。語学研修が不十分な上、事前の健康診断で改善を求められたにもかかわらず赴任させたとして出向元の責任を問う。

 妻は会見で、会社側が遺族に虚偽の説明をするなど不誠実な対応が見られ、提訴に至ったと説明。「会社にとって従業員3万人以上のうち1人の出来事かもしれないが、私たちにとっては大切な夫、大好きなパパだった」と訴えた。

 川重は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。(小谷千穂)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ