総合 総合 sougou

  • 印刷
「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大
拡大
「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大

 劇作家横山拓也の出世作「エダニク」が6月4日、クールジャパンパーク大阪で上演される。2009年に日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞した3人芝居で、主演はジャニーズの4人組「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大。「大好きな横山作品への出演がかなった」と心を躍らせる。

■仕事、生命…ぶつかる価値観

 舞台は東京近郊の小さな食肉処理場。主人公の沢村は妻子のいる入社10年余りの職人だ。大阪から移ってきた先輩の玄田と休憩中、現れた新人・伊舞が得意先の農場の息子と分かると、沢村の態度は一変するが、玄田は反発。牛海綿状脳症(BSE)検査に必要な延髄の紛失騒動を引き金に、仕事や生命を巡るお互いの価値観をぶつけ合う。

 辰巳は、横山作品の魅力を「登場人物の生活の部分まで感じる」と説明。自身の役について「芯のない男だが、大事な家族のために戦う。妻子がしっかり見えるように演じたい」と話す。

 食肉処理の仕事についてもドキュメンタリー映画を見て、ナイフの持ち方や筋肉のつき具合を研究した。「会話劇だが、たたずまいに説得力を持ち、生の舞台の面白さを伝えられれば」と役作りに打ち込む。

 演出は演劇集団円の内藤裕子。共演は小日向星一、加藤虎ノ介。

 午後1、5時開演。8800円。キョードーインフォメーションTEL0570・200・888

(田中真治)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ