総合 総合 sougou

  • 印刷
北野異人館街へ続く北野坂では3年ぶりにチューリップの花びらで描いた絵を並べたイベント「インフィオラータこうべ」が開かれた。大勢の観光客らでにぎわった=4月30日、神戸市中央区
拡大
北野異人館街へ続く北野坂では3年ぶりにチューリップの花びらで描いた絵を並べたイベント「インフィオラータこうべ」が開かれた。大勢の観光客らでにぎわった=4月30日、神戸市中央区
チューリップの花びらで描いた絵を並べたイベント「インフィオラータこうべ」が3年ぶりに開かれ、大勢の観光客らでにぎわった=4月30日、神戸市中央区
拡大
チューリップの花びらで描いた絵を並べたイベント「インフィオラータこうべ」が3年ぶりに開かれ、大勢の観光客らでにぎわった=4月30日、神戸市中央区

 3年ぶりに行動制限のないゴールデンウイーク(GW)が明けた今週、兵庫県内でも新型コロナウイルス感染者が4日連続で1500人を上回るなど、増加の兆しがみられる。感染者数は2月上旬をピークに緩やかな減少傾向が続き、GW中には急減した。その揺り戻しもあると考えられ、GWで人出が増えた影響について、県は「来週の感染状況を注視する」としている。

 ソフトバンクの子会社「アグープ」のデータによると、5月3~5日の午後3時台、JR三ノ宮駅(神戸市中央区)周辺の人出は昨年の同期比で2・1倍、20年の同期比で4・8倍に上った。

 GW中は診療や検査数が限られたこともあり、県内の1週間の1日当たり平均感染者数は6日、約4カ月ぶりに千人を下回った。しかし翌7日から再び増加に転じ、13日時点の1週間平均は前週比1・8倍の約1600人となった。

 6~12日の1週間の感染者を年代別で分析すると、GW中だった前週(4月29日~5月5日)に比べて全世代で増加した。全体の8割超は40代以下で、特に最多の2割を占める20代は前週比2・1倍の約2100人と目立っている。

 県と神戸市の変異株検査では、ほとんどがオミクロン株の派生型「BA・2」に置き換わったとみられる。国内では、さらに感染力が強いともいわれる派生型も確認されている。

 県感染症対策課の担当者は「連休前の4月下旬とあまり変わらない感染状況に戻ったが、まだ判断しづらい。来週に今週と比べた傾向を捉えたい」としている。(井川朋宏)

【兵庫のコロナ情報】←最新のコロナニュースはこちら

新型コロナ
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ