総合 総合 sougou

  • 印刷
バイデン米大統領との面会について語る有本明弘さん(中央)ら=23日午後、東京都内
拡大
バイデン米大統領との面会について語る有本明弘さん(中央)ら=23日午後、東京都内

 北朝鮮による拉致被害者の家族は23日、来日中のバイデン米大統領と東京都内で面会し、その後記者会見を開いた。神戸市出身の被害者、有本恵子さん=失踪当時(23)=の父明弘さん(93)ら8家族11人が出席し、改めて早期解決を訴えた。

 拉致被害者の家族が米大統領と面会するのは2019年のトランプ前大統領以来5回目で、バイデン大統領で4人目。

 面会は約30分間で、岸田文雄首相も同席。当初は新潟市で拉致された横田めぐみさん=同(13)=の弟で、家族会代表の拓也さん(53)があいさつをする予定だったが、大統領が一人一人から話を聞き、握手を交わしたという。明弘さんやめぐみさんの母早紀江さん(86)の前でひざまずく場面もあった。

 拓也さんは会見で「想定外の心温かい行為に涙が止まらなかった。今日の面会は北朝鮮へのプレッシャーになる」。早紀江さんは「子どもは親の宝物。必ず取り返したいとお願いした」とし、「『あなた方の気持ちはよくわかる、同じ気持ちです』と言われた」と感謝した。

 また、明弘さんや拓也さんらは手紙を渡したという。明弘さんは「北朝鮮と強く向き合ってほしい」などと書いたといい、「力強く握手した」と振り返った。

(末永陽子)

総合の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ