総合 総合 sougou

  • 印刷
砂浜陥没事故現場で献花に臨む泉房穂明石市長ら=明石市大蔵海岸通1
拡大
砂浜陥没事故現場で献花に臨む泉房穂明石市長ら=明石市大蔵海岸通1

 2001年12月に兵庫県明石市の大蔵海岸で起きた砂浜陥没事故で、生き埋めになった金月美帆ちゃんが亡くなり、26日で20年となった。現場で花を手向けた泉房穂市長は「市民の命に関わることにはベストを尽くす」と語り、安全への思いを新たにした。

 美帆ちゃんは父親の実家に帰省中、大蔵海岸を訪れて事故に遭い、意識不明のまま02年5月26日に5歳で死亡した。事故当時の国土交通省と明石市の管理担当者計4人が業務上過失致死罪で在宅起訴され、最高裁で有罪が確定した。

 午前9時ごろ、市の幹部職員が事故現場を訪れた。泉市長は「当時は市長ではなかったが、行政が漫然と問題を放置し、対策を取らなかった甘さが事故につながった」と振り返り、「遺族の悲しみに終わりがないように市の責任にも終わりはない」と語った。(松本寿美子)

明石
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月2日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 22℃
  • 10%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ