総合 総合 sougou

  • 印刷
遊覧船上で行われた初演時の一場面(劇団提供)
拡大
遊覧船上で行われた初演時の一場面(劇団提供)

 劇団「PM/飛ぶ教室」が5年ぶりの本公演を6月3~5日、神戸アートビレッジセンター(神戸市兵庫区新開地5)で行う。題名は「港でカモメがやすんでる日はね、千帆ちゃん~ツヤコばあちゃんのこと」。3世代の家族を軸に、移り変わりゆく港町・神戸の姿をモチーフにした作品だ。(田中真治)

 元は2019年に神戸港の遊覧船で上演した企画。クルーズの時間に合わせた40分ほどの作品だったが、「歴史をもっと書き込み、神戸の劇場で再演するのが念願だった」と座長で作・演出の蟷螂襲(とうろうしゅう)(63)は話す。

 主人公の千帆は看護師になって3年目。亡くなった祖父のように神戸港の水先人になりたいと父に訴え、祖父のミナトに寄せる愛着を振り返る。

 今回新たに盛り込んだのは祖母の思い出。はしけで育ち、港湾労働者の集まるジャンジャン市場で働き、好きだった人を海難事故で亡くした過去が語られる。

 「ノスタルジーでなく、かつてのにぎわいを惜しむ気持ちや受け継がれる思いを交えて、神戸の街と人を描きたかった」

 尼崎出身で、神戸は高校時代からよくぶらついた。阪神・淡路大震災では自身も被災し、「神戸のことを忘れへんでという気持ちが決定的になった」という。本作もその延長線上にあり、「避けては通れないこと」として取り上げた。

 公演は新型コロナウイルス禍のため、2度の延期を余儀なくされたが、今年も1月17日に三宮・東遊園地で「やらせてもらいます」と誓った。

 劇では、傷ついたミナトを見た祖父の悲しみが孫に伝えられる。「昔ほど震災が語られなくなるのは仕方ないことかもしれないが、記憶のバトンを渡していければ」と願いを込める。

 3日午後3、7時▽4日午後1、5時▽5日午後1時-の5回。3500円、学生2千円。同センターTEL078・512・5500

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ