総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
ラッパ形の黄色い花を咲かせたニッコウキスゲ=神戸市灘区六甲山町、六甲高山植物園
拡大
ラッパ形の黄色い花を咲かせたニッコウキスゲ=神戸市灘区六甲山町、六甲高山植物園
ラッパ形の黄色い花を咲かせたニッコウキスゲ=神戸市灘区六甲山町、六甲高山植物園
拡大
ラッパ形の黄色い花を咲かせたニッコウキスゲ=神戸市灘区六甲山町、六甲高山植物園

 山地の湿地や草原に群生するニッコウキスゲが、標高865メートルの六甲高山植物園(神戸市灘区)で見ごろとなっている。黄色いラッパ形の花が咲き誇り、高原に夏の訪れを告げている。

 花は朝に開いて、夕方には閉じてしぼんでしまうが、1本の茎にたくさんのつぼみを付けるため、毎日、次々と咲くのが特徴。6月に入って、同園でも夏のような陽気が続き、一気に開花が進んだという。

 園を訪れたハイカーらは、花畑のような光景を背に、記念写真を撮るなどして楽しんでいる。同園では今月中旬まで亜高山帯型の千株が見ごろで、高原型の2千株は今月下旬から咲き始める見込み。

 午前10時~午後5時。入園料は中学生以上が700円、4歳以上が350円。六甲高山植物園TEL078・891・1247

(長嶺麻子)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ