総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県丹波篠山市桑原の鶏舎悪臭問題を巡り、地元住民らが「誤った情報を流され、暴言や威圧行為で精神的苦痛を受けた」などとして、同市議会議員2人に計340万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁柏原支部に起こした。原告側の住民らが14日、会見で明らかにした。提訴は7日付。

 訴えられたのは、安井博幸市議(68)と渡辺拓道市議(58)。

 桑原地区では養鶏業者「高坂鶏農園」と住民が、臭気や換気扇の騒音を巡って長年トラブルとなっている。今年3月には、住民が同支部に新たに調停を申し立て、養鶏業者に鶏舎の撤去などを求めている。

 訴状などによると、安井市議は交流サイト(SNS)で、悪臭トラブルを巡って事実を歪曲した文章を記載。加えて、5月10日にあった議会報告会後に、SNSの文章の訂正を求めた住民と口論となり、「なんや、このヤクザ」などと発言したとしている。

 原告側は、臭気トラブルについて渡辺市議が、業者側に有利な報告書を作成したため、解決が遅れる原因になったなどとも主張している。

 安井市議は暴言について「失言だった。反省している。ほかの点については司法の場で判断してもらいたい」としている。渡辺市議は「訴状を見ていないのでコメントできない」と話した。

丹波
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ