総合 総合 sougou

  • 印刷
嘉納みなこ(手前)と出演者=神戸市兵庫区新開地5
拡大
嘉納みなこ(手前)と出演者=神戸市兵庫区新開地5

 「かのうとおっさん」は嘉納みなこと有北雅彦による、1999年結成のコメディーユニット。嘉納いわく「一貫して人間の『いさぎ悪い』ところが好き」で、隠しておきたい欲望の数々を舞台上にさらしてきた。2年半ぶりの本公演は、題して「恐怖!ときめきの館」。実年齢そのままに、迷える40代に迫った作品だ。

 神戸・新開地の神戸アートビレッジセンター(KAVC)が注目株を選抜する企画「FLAG COMPANY」の参加作。若手に交じってのオファーには「私たちが驚いた」という。しかも今回、有北は仕事の都合で原案のみ。初の単独作・演出となったが、「独り言をいいながら書いたので、そんなに違いはない」と気負いはない。

 主人公はリストラされた40歳の独身男。つまらない日々を送る中、奇妙な屋敷に招かれる。そこにいたのは高校の同級生。青春時代をやり直す彼は、果たしてときめきを取り戻すことができるのか-。

 「若い頃はキャッキャと過ごしていたが、気づけば40代。テンションが低くなり、何かを取り戻さないといけないと焦った」。何かとは何か-と考えた結論が、ときめき。「色恋だけでなく、生きる原動力。可能性みたいなものかもしれない」

 演劇界でも、気づけば周囲はZ世代が台頭。高尚なテーマにもヒューマンな話にも目もくれずにきたが、「反省するより、年齢なりの煩悩を肯定していきたい」。不寛容さを増す一方の世の中に「まじめなものより、ふざけたものをぶつけて突破口に」という笑いのスタンスは揺るがない。

 7月8日午後7時半▽9、10日午前11時、午後3時-の5回。一般前売り3千円、当日3500円。予約は公演サイトから。KAVCTEL078・512・5500

(田中真治)

神戸文化
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ