総合 総合 sougou

  • 印刷
第一声を発し、集まった支援者から拍手を受ける候補者=22日午前、神戸市中央区(撮影・長嶺麻子、画像の一部を加工しています)
拡大
第一声を発し、集まった支援者から拍手を受ける候補者=22日午前、神戸市中央区(撮影・長嶺麻子、画像の一部を加工しています)

 参院選が22日に公示され、兵庫選挙区(改選数3)には同日午後0時半時点で、過去最多の13人が立候補を届け出た。

 連立政権を組む自民、公明両党と、昨年秋の衆院選に続いて党勢拡大を期す日本維新の会は、それぞれ現職の議席維持を目指す。立憲民主党は旧民主党が2013年に失った議席奪還、共産党は1998年参院選以来の当選に、それぞれ新人が挑む。政治団体や無所属の新人も絡み、混戦が見込まれる。

 立候補したのは届け出順に、西村しのぶ氏(59)=諸派新人▽片山大介氏(55)=維新現職▽木原功仁哉氏(38)=無所属新人▽稲垣秀哉氏(53)=諸派新人▽速水肇氏(37)=N党新人▽伊藤孝江氏(54)=公明現職▽里村英一氏(61)=諸派新人▽黒田秀高氏(75)=諸派新人▽末松信介氏(66)=自民現職▽山崎藍子氏(37)=N党新人▽相崎佐和子氏(49)=立民新人▽中曽千鶴子氏(60)=N党新人▽小村潤氏(46)=共産新人。

 第一声で片山氏は政治改革の必要性に触れ「しがらみのない維新」への支援を強調。伊藤氏は実績を掲げて「兵庫、全国のために引き続き働かせてほしい」とし、末松氏は山積する課題を踏まえ「自民を中心とした政治の安定」を訴えた。

 相崎氏は「物価高対策はまだ不十分。消費税減税を」と与党との対決姿勢を打ち出し、小村氏は「戦争する国づくりか、平和外交かが問われる選挙」と主張した。(田中陽一)

【特集ページ】参院選2022

選挙参院選兵庫22
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ