総合 総合 sougou

  • 印刷
地面に熱せられた空気で揺らぐような景色となった市街地。今年初めて猛暑日となった=豊岡市内
拡大
地面に熱せられた空気で揺らぐような景色となった市街地。今年初めて猛暑日となった=豊岡市内
強い日差しが照りつけ、めらめらと揺れる地面=24日午後、豊岡市内
拡大
強い日差しが照りつけ、めらめらと揺れる地面=24日午後、豊岡市内

 日本列島は24日、北陸や四国を中心に気温が上昇し、全国914観測点のうち今年最多の420を超える地点で30度以上の真夏日となった。豊岡市では35・0度を記録し、兵庫県内では今年初の猛暑日となった。

 豊岡市では午後3時ごろから一気に気温が上昇。暑さで地面が揺らぐように見え、日差しが照りつける中、日傘やサンバイザーなどで暑さをしのぐ通行人の姿も見られた。

 神戸地方気象台によると、同市の前日の最高気温は34・9度で、24日午前も最低気温が27・8度と高かった。そこに暖かい空気が流れ込んだことが猛暑日になった要因という。

 同日、県内で今年の最高気温を記録したのは、同市の他、香美町香住区(33・7度)、上郡町(33・2度)、南あわじ市(28・9度)など5地点。神戸市で29・5度、姫路市で31・4度などだった。(丸山桃奈)

但馬
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ