総合 総合 sougou

  • 印刷
梅雨が明け、より夏らしくなった空気の街を行き交う人たち=28日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
梅雨が明け、より夏らしくなった空気の街を行き交う人たち=28日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
梅雨が明け、より夏らしくなった空気の街を行き交う人たち=28日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)
拡大
梅雨が明け、より夏らしくなった空気の街を行き交う人たち=28日午前、神戸市中央区(撮影・中西幸大)

 気象庁は28日、九州北部、四国、中国、近畿と北陸で梅雨明けしたとみられると発表した。西日本は全域で梅雨明けしたことになる。いずれの地方も統計のある1951年以降最も早く、北陸を除き最も短い梅雨となった。

 いずれも6月中の梅雨明けは初めて。列島の梅雨明けは、梅雨のない北海道を除き東北を残すだけとなった。

 列島は28日も高気圧に覆われ、東北などを除き各地で晴れ間が広がり気温が上昇した。午前11時までに愛知県豊田市で36・0度の猛暑日を記録したほか、浜松市天竜区で35・8度、富山市で35・4度、東京都心で33・1度を観測。今後も厳しい暑さが続く見通しで、気象庁は熱中症に警戒を呼びかけている。

 神戸市中央区元町通1の交差点では、買い物客らが梅雨明け直後の強い日差しを受けて、日傘や小型扇風機を手に歩いた。

 気象庁によると、平年に比べて九州北部と中国、近畿は21日、四国は19日、北陸は25日早い。昨年に比べると九州北部と中国は15日、四国は21日、近畿は19日、北陸は16日早い。(共同)

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ