総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県内で初確認された特定外来生物クビアカツヤカミキリの成虫(兵庫県提供)
拡大
兵庫県内で初確認された特定外来生物クビアカツヤカミキリの成虫(兵庫県提供)
兵庫県内で初確認されたクビアカツヤカミキリの成虫。明石市の石ケ谷公園で見つかった(兵庫県提供)
拡大
兵庫県内で初確認されたクビアカツヤカミキリの成虫。明石市の石ケ谷公園で見つかった(兵庫県提供)
兵庫県内で初確認されたクビアカツヤカミキリの成虫。明石市の石ケ谷公園で見つかった(兵庫県提供)
拡大
兵庫県内で初確認されたクビアカツヤカミキリの成虫。明石市の石ケ谷公園で見つかった(兵庫県提供)

 兵庫県は29日、桜や桃の木に寄生する特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」が県内で初めて確認されたと発表した。農業被害や倒木を招く恐れがあり、県は「見つけた場合は殺処分してほしい」と呼びかけている。

 県によると、発見場所は明石市大久保町松陰の石ケ谷公園。27日午前に近くの住民が見つけ、県に連絡があった。県職員と県立人と自然の博物館研究員、樹木医が調査し、オス計3匹が園内で確認されたという。

 成虫は黒い体に赤い首が特徴で体長は2・5~4センチ程度。幼虫はふんと木くずが混ざった「フラス」を排出する。同公園ではフラスは見つかっておらず、県は侵入の初期段階とみる。

 近隣府県では2015年に大阪府と徳島県で侵入が明らかになり、19年に奈良、和歌山県でも確認された。県自然・鳥獣共生課は「繁殖力が高いので早期の発見と駆除が重要。見かけたら県や市町に連絡をお願いしたい」と話している。

(金 旻革)

明石
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ