総合 総合 sougou

  • 印刷
古野電気の社員らに感謝を述べる堀江謙一さん(右)=西宮市芦原町9、古野電気
拡大
古野電気の社員らに感謝を述べる堀江謙一さん(右)=西宮市芦原町9、古野電気
古野電気の社員を前にあいさつする堀江謙一さん=西宮市芦原町9、古野電気
拡大
古野電気の社員を前にあいさつする堀江謙一さん=西宮市芦原町9、古野電気
古野電気のショールームを見学する堀江謙一さん(手前)=西宮市芦原町9、古野電気
拡大
古野電気のショールームを見学する堀江謙一さん(手前)=西宮市芦原町9、古野電気
古野電気の社員に拍手で迎えられる堀江謙一さん(左から2人目)=西宮市芦原町9、古野電気
拡大
古野電気の社員に拍手で迎えられる堀江謙一さん(左から2人目)=西宮市芦原町9、古野電気

 ヨットによる単独無寄港の太平洋横断を世界最高齢で6月4日に成し遂げた堀江謙一さん(83)=兵庫県芦屋市=が30日、船舶用電子機器メーカーの古野電気(西宮市)を訪ね、支援への感謝を伝えた。約200人の社員を前に、69日間の航海を振り返った。

 同社は20年以上、堀江さんの航海をヨットの装備機材で支える。今回も、衛星利用測位システム(GPS)機器や衛星電話、ヨットの現在地がリアルタイムで分かる「トラッキング装置」を提供。ヨットの位置をサイトで公開した同社には、堀江さんを応援する声が数多く寄せられたという。

 堀江さんを迎え、古野幸男社長は「今どこを走っておられるかと、毎日心配ながらも楽しみに見ていた。今後のご活躍も期待しています」と声をかけた。堀江さんは「(初めて太平洋横断に成功した)60年前にはなかった皆さんの衛星電話のおかげで、毎日家族に報告できた。これからも新たな航海に向かっていきたい」と感謝とともに、次なる挑戦への意欲も口にした。

 社員らの質問に「航海中一番うれしいのは、ヨットが予定通り順調に進んでくれること」「嵐を乗り越えて見る夕日は世界一美しかった」と笑顔で答えていた。(赤松沙和)

阪神堀江謙一さん
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ