総合 総合 sougou

  • 印刷
「朝日に輝く神子畑選鉱場跡」((c)山本二三)
拡大
「朝日に輝く神子畑選鉱場跡」((c)山本二三)
山本二三さん(朝来市提供)
拡大
山本二三さん(朝来市提供)
もののけ姫 シシ神の森5((C)1997StudioGhibli・ND)
拡大
もののけ姫 シシ神の森5((C)1997StudioGhibli・ND)
火垂るの墓 捨てられた思い出((C)野坂昭如/新潮社、1988)
拡大
火垂るの墓 捨てられた思い出((C)野坂昭如/新潮社、1988)

 兵庫県朝来市の神子畑(みこばた)選鉱場跡や生野鉱山、竹田城跡を描いた山本二三(にぞう)さんのオリジナル作品3点が9日から、あさご芸術の森美術館(同市多々良木)で開かれる「アニメーション美術の創造者 新・山本二三展」(朝来市、神戸新聞社など主催)で初めて公開される。日本遺産「銀の馬車道 鉱石の道」の認定5周年に合わせて、同市が山本さんに制作を依頼していた。(小日向務)

 「朝日に輝く神子畑選鉱場跡」は、巨大な液体分離施設「シックナー」を中心に描いた作品。山本さん自身が昨年、それぞれの遺産を訪れた後、制作していたという。選鉱場跡は、人気ロックバンド「ウーバーワールド」の曲「HOURGLASS」のミュージックビデオの撮影地にもなった。

 山本さんは長崎県五島市出身。テレビアニメ「未来少年コナン」で初めて美術監督を務めた後、「天空の城ラピュタ」や「もののけ姫」「火垂(ほた)るの墓」など、スタジオジブリのアニメ作品で美術監督や背景画を担った。「時をかける少女」「じゃりン子チエ」など数多くの作品にも関わった。

 新・山本二三展は、全国各地で開かれた「山本二三展」に、新たな作品を加えて構成を改めた個展。今年3月、富山県高岡市で始まった。朝来市では近畿で初めて開かれ、約230点が展示される。

 8月30日まで。水曜日と7月19日休館。入館料は一般800円、大学高校生500円、中小学生300円。あさご芸術の森美術館TEL079・670・4111

但馬文化
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ