総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
真夏の港に舞うマダコ。2キロを超す大物も大空を飛ぶように揺れる=明石市二見町東二見
拡大
真夏の港に舞うマダコ。2キロを超す大物も大空を飛ぶように揺れる=明石市二見町東二見
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)
拡大
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)
拡大
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)
拡大
記録的早さで梅雨が明け、早くも本格化した干しダコ作り。照りつける太陽の下、できあがりも早いという=明石市二見町東二見(撮影・小林良多)

 旬を迎えた特産マダコを使った干しだこ作りが、明石市二見町の二見港で始まっている。観測史上最速の梅雨明けを受け、異例の6月末から作業が本格化。連日厳しい日差しが照りつけ、一昼夜で自慢の逸品が仕上がる。

 兵庫県内は2日も高気圧に覆われ、37・8度を記録した豊岡など4地点で猛暑日となった。同日から5日間は暦の上で「半夏生」。作物が大地に根付くよう、関西ではタコを食べる習慣がある。

 同港ではタコつぼ漁師を親類に持つ西尾礼子さん(75)らが干しだこ作りに汗を流す。新鮮なマダコを早朝からさばき、竹串を使って足を広げて乾かす。

 昨年は記録的な不漁に見舞われ、材料確保に奔走。今季の水揚げは順調な滑り出しという。西尾さんは「こんな早くに作業が盛りになった記憶がない。猛暑は大変やけど、お日さまを浴びるほどに黄金色のええタコが仕上がる」と目を細めた。(小林良多)

明石
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ