総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 7月10日の投開票日に向け舌戦が熱を帯びる参院選。神戸新聞社は兵庫選挙区(改選数3)の立候補者にアンケートし、新型コロナウイルス、ロシアのウクライナ侵攻をはじめとした外交・安全保障問題、原油・物価高対策などについて見解や理由を尋ねた。寄せられた回答をそのまま掲載する。

【問】中国・北朝鮮の軍事的脅威が増す中、岸田政権は防衛力の強化を図ってきた

(1)続けるべきか

西村しのぶ氏(59)諸新

続けるべき

片山大介氏(55)維現

続けるべき

木原功仁哉氏(38)無新

どちらかといえば続けるべき

稲垣秀哉氏(53)諸新

続けるべき

速水肇氏(37)N新

続けるべき

伊藤孝江氏(54)公現

続けるべき

里村英一氏(61)諸新

続けるべき

黒田秀高氏(75)諸新

続けるべき

末松信介氏(66)自現

続けるべき

山崎藍子氏(37)N新

どちらかといえば続けるべき

相崎佐和子氏(49)立新

どちらとも言えない

中曽千鶴子氏(60)N新

続けるべき

小村潤氏(46)共新

転換すべき

(2)日米首脳会談で岸田首相は、「敵基地攻撃能力を含むあらゆる選択を検討する」と言及した。賛否は

(3)その理由は

西村しのぶ氏(59)諸新

(2)賛成

(3)参政党の「国のまもり」という概念は、日本のかじ取りに外国勢力が関与できない体制をつくることである。日本が真の独立国家として世界から認められるプレーヤーであるために必要なものは少しずつでも整備していく。

片山大介氏(55)維現

(2)賛成

(3)核を持つロシア、中国、北朝鮮に囲まれる厳しい安全保障環境を直視しなければならない。防衛費のGDP比1%枠を撤廃して装備はじめ防衛力を抜本的に強化し、国民を守り抜くための「積極防衛能力」を整備すべきだ。

木原功仁哉氏(38)無新

(2)賛成

(3)かねてより専守防衛論が存在するが、これは本土決戦、一億総玉砕を意味し、これほど国民を犠牲にする考え方はない。よって敵基地攻撃能力を肯定するが、その法的根拠は帝国憲法11条(天皇の統帥大権)である。

稲垣秀哉氏(53)諸新

(2)どちらとも言えない

(3)ウクライナは、以前核兵器の保有国でした。核兵器を手放したとたん、ロシアに侵略された。

速水肇氏(37)N新

(2)賛成

(3)敵基地攻撃能力があるからこそ抑止力になる。日本と戦いたくない、争いたくないと諸外国に思わせることが重要。

伊藤孝江氏(54)公現

(2)賛成

(3)相手のミサイル能力が向上し、日本がどう反撃能力を備えるかは議論すべき課題。米国の核抑止力の実効性をどう高めるかという議論は必要。一方、核拡散は核使用のリスクが高まることから、非核三原則は引き続き堅持。

里村英一氏(61)諸新

(2)賛成

(3)「核を持ち込ませず」など非核三原則を見直して米国による核の持ち込みを認めるほか、自前の核装備も積極的に議論して、核抑止力を万全のものとしなければならないと考えます。

黒田秀高氏(75)諸新

(2)賛成

(3)防衛問題は自国の当然の権利である。

末松信介氏(66)自現

(2)どちらかといえば賛成

(3)中国の軍事増強、北朝鮮の核・ミサイル、ロシアのウクライナ侵略等、かつてない安全保障環境の激変を踏まえ、防衛力の強化とともに、専守防衛の考え方の下、憲法に認められる範囲内で反撃する能力を検討すべきです。

山崎藍子氏(37)N新

(2)どちらかといえば賛成

(3)「あらゆる範囲」とはどこまでの範囲なのか具体性に欠けるが、ミサイルなどの配置については、身を守ることを最優先に考えた上で判断したい。

相崎佐和子氏(49)立新

(2)反対

(3)敵基地攻撃能力の保有は、北東アジアの軍拡競争を引き起こすことに繋がりかねず、また相手方に日本を攻撃する口実を与えかねず、かえって我が国の安全を脅かすことになりかねません。専守防衛に徹すべきです。

中曽千鶴子氏(60)N新

(2)賛成

(3)北朝鮮や中国の脅威が増す中、アメリカに防衛を委ねるだけでは有事の際に日本を守ることはできないから。

小村潤氏(46)共新

(2)反対

(3)岸田政権の「軍事費2倍化」「敵基地攻撃能力」保有など、「軍事対軍事」の対応は戦火を呼び込む危険な道。戦争を起こさせないことこそ政治の役割。憲法9条を生かした平和外交で東アジアの平和をつくるべきだ。

選挙参院選兵庫22アンケート
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ