総合 総合 sougou

  • 印刷
末松信介氏
拡大
末松信介氏
公示日の第一声を人工知能(AI)技術で言葉の使用頻度や傾向などを図示した
拡大
公示日の第一声を人工知能(AI)技術で言葉の使用頻度や傾向などを図示した

 昨年10月に発足した岸田政権の「中間評価」ともいえる今回の参院選。兵庫選挙区(改選数3)では、その政権を支える閣僚の自民党現職が4選を狙う。支持者には当初、知名度に期待して圧勝ムードも漂ったが、他党の攻勢に遭い、防戦を余儀なくされている。

    ◆

 「科学技術の進歩や人材育成のため、未来への投資を進める」。文部科学相の末松信介(66)は現役閣僚でただ一人、改選を迎え、政権の実行力をアピールする。

 就任以来、学校現場での新型コロナウイルス対応や教員の働き方改革など、山積する教育課題に向き合ってきた。だが、選挙では大臣の肩書がかえって末松を苦しめる。

 各地の集会で、激励に立つ関係者らが「大臣にふさわしい得票を」と繰り返すたび、周囲に楽観ムードが漂った。その傍らで神妙な面持ちを見せる末松。兵庫でも伸長する日本維新の会の存在が脳裏をかすめる。

    ◇

 政権発足直後にあった昨秋の衆院選は、県内の自民関係者に衝撃を与えた。

 自公が独占していた12の小選挙区で、自民候補2人が敗れ、比例復活で辛うじて現状を維持。衆院議員がゼロだった維新は、比例も含めて擁立した9人全員が当選した。県内の比例得票は維新の78万票に対し、自民は66万6千票と10万以上の大差がついた。

 勢いづく維新は今回、安倍、菅政権との蜜月関係から転換し、自民との対決姿勢を鮮明化。従来の改革路線に加え、保守色の強い政策を打ち出し、自民支持層への浸透を狙っており、応戦を迫られる。

 選挙戦中盤の先月28日、閣議のため東京に戻った末松の元に情勢調査の資料が届いた。維新にリードを許す展開を目の当たりにし、その後、訴えの中身は「厳しい情勢」を強調する内容にシフトしていった。

 維新に対抗しようと、改革派イメージがある前環境相小泉進次郎に応援を依頼。神戸・三宮の街頭で小泉は「維新を上回る改革政党にならなければ、関西での自民の復権はない」と引き締めた。一目見たさに人だかりができたが、県連幹部には手詰まり感が漂う。

 「維新対策が必要なのは分かっているが、急所が見つからない。政権の安定を訴えるしかない」

    ◇

 急激な物価の高騰を受け、岸田内閣の支持率は下落に転じたが、一定の水準を維持。最終盤に首相岸田文雄の来援が実現する見通しとなり、陣営も活気づく。

 政権与党として、相互推薦する公明候補への掛け持ち応援も想定されるが、「公明優遇」と猛反発してきた自民地方議員の反応はいつになく見られない。

 その背景にあるのが来春の統一地方選だ。改選を迎える県議の多くが維新の参戦を見越し、公明の支援を必要とする。「見返りを求めるなら参院選で公明に協力するのが得策」と自民県議。公明候補のために地元で集会を開き、支持者を紹介するなど末松と両方を支える異例の選挙戦が進む。

 「若い人は維新に票を入れるし、公明にも流れる」と末松。姫路市内で1日に開いた決起集会で覚悟を口にした。「三つの議席に確実に入る。それが大事だ」=敬称略=

(参院選取材班)

【特集ページ】参院選2022

参院選兵庫22特集
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ